Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

センチュリー・システムズのルータにCSRFの脆弱性見つかる

センチュリー・システムズが提供する複数のルータにクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性が見つかった。一部製品では問題を解決するファームウェアの公開が開始されている。

一部ルータのウェブブラウザ向け管理画面にクロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性が含まれていたもので、同社によれば、ログインして認証情報を保有したまま悪意あるサイトへアクセスした場合、パスワードなど設定が変更されるおそれがあるという。

影響を受けるのは、「XR-410 ver1.6.8」「XR-440 ver1.7.7」「XR-510 ver3.5.0」「XR-540 ver3.5.2」「XR-640 ver1.6.7」「XR-730 ver3.5.0」「XR-1100 ver1.6.2」「XR-410-L2 ver1.6.1」「XR-640-L2 ver1.6.1」で、以前のバージョンも含まれる。

同社では、「XR-410」「XR-510」については、問題を解決したファームウェアの提供をウェブサイト上で開始しており、他製品についても順次提供する予定。また、管理画面利用後にブラウザを終了させるなど、攻撃に対する暫定的な対処方法をアナウンスしている。

XRシリーズの設定画面におけるクロスサイト・リクエスト・フォージェリの脆弱性について
http://www.centurysys.co.jp/support/xr_common/JVN67573833.html

センチュリー・システムズ
http://www.centurysys.co.jp/

(Security NEXT - 2008/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース