Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「アンラボ V3 ウイルスブロック」がWindows XP SP3の一部ファイルを誤検知

アンラボは、同社セキュリティ対策製品「アンラボ V3 ウイルスブロック」の一部バージョンにおいて「Windows XP SP3」のファイルをウイルスとして誤検知する不具合が発生したと発表した。

同社が、7月10日14時ごろから同日15時半ごろまで配布したアップデート「V3 2008.07.10.01」に不具合が見つかったもので、「Windows XP SP3」環境で同バージョンへアップデートした場合、システムの一部ファイルをトロイの木馬「Win-Trojan/InfectLsass.13312」として検知し、誤って隔離してしまうという。

問題が生じた場合、パソコンを起動するとWindows XPのロゴを表示するもののその後動作が停止し、正しく起動できなくなる。同社では対象となるユーザーに対して問題を解消するCD-ROMを送付するなどサポートセンターで対応を進めている。

すでに最新のエンジンでは問題を解消しており、問題のバージョンを適用していない場合やWindows XP SP3を利用していない場合は、影響を受けない。

2008.07.10.01エンジンによる誤診断に対する対処方法
http://www.ahnlab.co.jp/news/view.asp?seq=3264

アンラボ
http://www.ahnlab.co.jp/

(Security NEXT - 2008/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

取引先への案内メール約3000件を誤送信 - アットホーム
月例パッチ起因の「Outlook」不具合、緊急修正プログラム適用でクラッシュのおそれ
信用情報機関へ誤情報を登録、システム不具合で - ヤマトクレジット
メルマガでユーザーのメアド流出、システム不具合で - ネクソン
フォトブック作成サービス「ノハナ」で不具合 - 一部登録者の個人情報が閲覧可能に
Webrootで誤検知が発生、13分後に修正 - 影響範囲など調査中
福岡県で退職職員のマイナンバーを誤送付 - プログラムの不具合か
雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生
システムエラーで個人情報がメール差出人情報に - FUJI-Wifi
通販サイトで顧客情報をキャッシュ、誤表示する不具合 - フェリシモ