Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三優監査法人、22社分の財務情報を置き引き被害 - 個人情報最大3万5000件も

三優監査法人は、監査企業の財務関連情報を保存した保存したパソコンを盗まれたことを明らかにした。

6月24日夜に同社職員が、JR東海道線の東京-横浜間でバッグの置き引き被害に遭ったもので、バッグともに盗まれたノートパソコンには、22社分の財務関連情報が記録されていた。

監査先従業員や帳簿に記載されていた監査先の顧客など、パソコン内に保存されていた個人情報は最大3万4460件に上る。パソコンに対して暗号化対策を実施していたとして、同社では情報漏洩の可能性は低いと説明している。

同社では警察へ被害を届けているが、財務情報や個人情報の不正利用は報告されていないという。また関係者に事情を説明し、個人情報が漏洩した本人に対しても、監査先の協力を得ながら対応するとしている。

(Security NEXT - 2008/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む書類が盗難、翌日回収 - ケア21
生徒の名簿が入った鞄を紛失 - 練馬区の中学校
顧客情報記載のノートがスーパーで置き引きに - 京阪互助センター
日清食品、採用セミナー出席者の履歴書などが置き引き被害に
教員が置き引き被害、学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大阪市立大
個人情報含むPCが飲食店で置き引き - 起業家支援のNPO法人
出張先のベルギーで個人情報含むPCが置き引き被害 - 広島大
取引先の個人情報など含むノートPCを駅で紛失 - J:COMグループ会社
顧客情報記載の書類が置き引き被害 - 大東建託
顧客情報リストがショールーム内で置き引き被害に - ヤナセ子会社