Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SonicWALL Email Security」が配信不能通知を偽装する迷惑メールへ対応

ソニックウォールは、メールセキュリティアプライアンス「SonicWALL Email Security」の最新ファームウェアを提供開始した。

今回提供が開始された「SonicWALL Email Security 6.2」では、「BATV(Bounce-Address-Tag-Validation)」機能を搭載。配信不能を通知するシステム管理者やメールサーバから返信を装った迷惑メールへ対応した。

同機能では、送信メールにプライベートキーを使ったタグを付与することで、配信不能として通知されたメールが正規のものか、不正メールか判定を行う。

また、異なる文字セットを装ったり、不正使用を判別する「言語検出機能」を強化し、あらたにオランダ語やフランス語、スウェーデン語へ対応。また「パフォーマンスモニタリング機能」では、稼動状況を視覚的に把握できるようになった。

(Security NEXT - 2008/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
ESETの「月額サービス」がスタート
マカフィー、コンシューマー向けセキュリティ製品の2017年版を発表
FREETEL、セキュリティアプリ5種類をパッケージ化
2016年2月にESET最新版 - ネット取引の保護機能など追加
SB、携帯電話向けに「迷惑電話ブロック」 - 発信時にも警告
シャープ、最新DBで迷惑電話を着信拒否できる家庭用ファックス
ガルフネット、迷惑メール対策サービスを7月より提供
マカフィー、auスマホ向けに迷惑電話遮断アプリ