Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

建物共済加入者情報18万7000件を保存したMOを紛失 - JA共済連

全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)は、福島県内における建物共済の加入者情報18万7000件を保存したMOディスクを紛失したと発表した。

福島県農業共済組合連合会(NOSAI福島)が再共済のため、JA共済連へディスクを送付した際に所在がわからなくなったもの。JA共済連子会社の協同ビジネスサービスが配送業務のため受託したが、その後紛失したと見られている。

ディスクへ保存されていたデータは、福島県内のJA共済で2007年4月1日から2008年3月31日までに加入した建物火災共済や建物総合共済の契約情報18万7224件。氏名や住所、建物情報の所在地、契約内容といった個人情報が含まれるが、契約内容は部外者にはわからない記号で記載されている。

JA共済連によれば、ディスク内のデータは暗号化されており、外部へデータが流出する可能性は低く、不正利用といった報告も受けていないという。今後JA共済連では、関係する加入者へ謝罪の文書を送付する。

(Security NEXT - 2008/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

農産物栽培協力者の個人情報含む名簿を紛失 - 東京都
2支店で顧客情報含む書類を紛失 - JA東京あおば
原子力損害賠償の請求書を紛失 - 東電
印影など含む伝票約2.2万件が所在不明 - JA札幌
顧客情報記載の帳票が所在不明 - JAおおふなと
業務車両が車上荒らし被害、顧客情報が盗難 - JAぎふ
保険料口座振替依頼書を紛失 - 愛知県内農協
7支店で共済申込書の紛失が判明 - JAいび川
メール誤送信で農業サポーターのアドレス流出 - つくば市
「カード申込書兼暗証番号届」など923件を誤廃棄 - JAバンク新潟県信連