Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2店舗分の料金払込票控えが回収ケースごと盗難 - サークルKサンクス

サークルKサンクスは、顧客情報含む料金収納払込票197件を、集荷作業中に回収ケースごと盗まれたと発表した。

被害に遭ったのは、岩手県内のサンクス盛岡永井店とサンクス盛岡都南店が6月25日から26日にかけて受領した料金収納の払込票控え197件。払込票の種類により記載内容は異なるが、顧客の氏名や住所などが記載されていた。

6月27日午前3時ごろ、店舗から集荷作業を行っている際に回収ケースごと何者かに持ち去れた。同社では同日、警察へ被害を届け、30日に経済産業省や日本フランチャイズチェーン協会に事故を報告した。

また対象となる顧客に対して事情の説明と謝罪を行っている。盗まれた情報が不正利用された事実は確認されていないという。

(Security NEXT - 2008/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

料金収納の払込票が現金とともに盗難 - サークルKサンクス
料金払込票が回収中に盗難 - サークルKサンクス
料金払込票を輸送途中に回収袋ごと紛失 - ココストア
料金払込票615件が所在不明、配送途中に紛失か - ココストア
2店舗で相次いで盗難事件発生、顧客情報も被害に - ミニストップ
公共料金の収納払込票を専用バッグごと紛失 - ファミリーマート
払込票誤送付で奨学生や連帯保証人の情報流出 - 日本学生支援機構
コンビニ窃盗で個人情報がレジごと盗難被害 - スリーエフ
店舗内の事務所で盗難発生、料金払込票が被害 - サークルKサンクス
車両に固定された収納ケースが破壊され顧客情報が盗難 - ファミリーマート