Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公共料金の払込票が所在不明に - デイリーヤマザキ

山崎製パンは、同社が展開するコンビエンスストアのデイリーヤマザキにおいて、公共料金などの払込票が所在不明となっていることを明らかにした。収納処理は完了しているという。

同社によれば、デイリーヤマザキ久喜駅西口店で12月3日に受け付けた料金収納の払込票30件を紛失したもの。払込票によっては顧客の氏名などが記載されている。

12月4日に配送ドライバーが払込票が入った回収専用袋を受領。その際、回収専用袋のファスナーが開いていたことが確認されており、店舗内または配送車両への運搬、配送時に払込票がこぼれ落ちた可能性があるという。

翌5日、検収担当部署に到着後、払込票がないことに気づき、配送経路や配送車両を搜索したが見つかっていない。

同社では、警察へ紛失届を提出。対象となる顧客には、報告と謝罪を行う。紛失した払込票の料金収納処理は完了しているとしている。

(Security NEXT - 2022/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
中学校生徒の個人情報含む修学旅行のしおりを紛失 - 仙台市
子育て支援センターの登録者カードが所在不明 - 新潟市
案内メール誤送信で会員のメアド流出 - 生活クラブ生協
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
「Dropbox Sign」の侵害、登録セキスペ向け演習の受講者にも影響
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
ゲームイベントサイトに攻撃、出展者の掲載画像が消失
アンティーク雑貨通販サイトに不正アクセス - ジョイフル本田
ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も