Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12件の脆弱性を解消した「Firefox 2.0.0.15」が公開

Mozillaは、JavaScriptの処理に関連した問題をはじめ、12件の脆弱性を修正した「Firefox 2.0.0.15」を公開した。

12件の修正のうち、重要度が「最高」とされる脆弱性は4件で、ブロックリフローにおけるクラッシュにより、リモートでコード実行されるといった問題など、いずれもJavaScriptの処理に影響する。また重要度が「高」とされる脆弱性も4件が含まれており、早急にアップデートする必要がある。

今回の修正を含め、「Firefox 2.0.0.x」については12月中旬まで更新が提供される予定だが、Mozilla Foundationでは最新版となる「Firefox 3」へのアップグレードを推奨している。

Mozilla Japan
http://mozilla.jp/

(Security NEXT - 2008/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
「Apache httpd」脆弱性に悪用コード - 共有ホスティングサーバなどに影響
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
「Chrome 74」がリリース、脆弱性など39件を修正
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ