Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12件の脆弱性を解消した「Firefox 2.0.0.15」が公開

Mozillaは、JavaScriptの処理に関連した問題をはじめ、12件の脆弱性を修正した「Firefox 2.0.0.15」を公開した。

12件の修正のうち、重要度が「最高」とされる脆弱性は4件で、ブロックリフローにおけるクラッシュにより、リモートでコード実行されるといった問題など、いずれもJavaScriptの処理に影響する。また重要度が「高」とされる脆弱性も4件が含まれており、早急にアップデートする必要がある。

今回の修正を含め、「Firefox 2.0.0.x」については12月中旬まで更新が提供される予定だが、Mozilla Foundationでは最新版となる「Firefox 3」へのアップグレードを推奨している。

Mozilla Japan
http://mozilla.jp/

(Security NEXT - 2008/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ
ソースコード管理システム「User-friendly SVN」にXSS脆弱性
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート - 脆弱性5件を解消
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
Apple、アップデート「iOS 12.0.1」をリリース - バグや脆弱性を修正
ネオジャパンのウェブメール「Denbun」に8件の脆弱性