Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カード情報約11万6000件を保存したCD-ROMを紛失 - コスモ石油子会社

コスモ石油の子会社において、クレジットカード情報など含む顧客データ約11万6000件が所在不明となっていることがわかった。

コスモ石油販売の東関東カンパニーにおいて、POSシステムにおける登録データやカード売上データなど、同社顧客の一部データを保存しているCD-ROMを紛失したもの。4月に所定の場所へ保存されていないことに気が付いたという。

保存されていたのは、掛け売り会員の登録データや売上データ、請求書など。個人や法人を特定できる顧客情報は1624件分に上り、顧客名や売上明細、カード番号のほか、一部では電話番号や住所、銀行口座番号なども含まれる。さらに顧客は特定できないものの、カード番号や売り上げ明細など11万4729件分の顧客が含まれる。

同社によれば、CD-ROM内のデータを閲覧するには専用のソフトが必要で、IDやパスワードが設定されており、不正利用などの報告も受けていないという。同社では、事故の発表が遅れたことについて謝罪。顧客名が含まれていた関係者に対しても文書で事情を説明するとしている。

(Security NEXT - 2008/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報入りCD-ROMの誤送付を公表 - イオン銀
非公開処理のミスでパブコメ提出者の個人情報が漏洩 - 文科省
中学校教諭が生徒の個人情報など山林に不法投棄 - 千葉市
契約者情報75万件を紛失 - 三井住友海上あいおい生命
精神科受診者の個人情報含む書類やCD-ROMを紛失 - 長野県
共栄火災の契約者情報3万8000件含むCD-ROMを紛失 - 富国生命
顧客情報9万6000件含むCD-ROMを紛失 - イオン銀行
返戻金に関するデータ約40万件含むCD-ROMを紛失 - 損保ジャパン
患者情報約3万5000件含むUSBメモリを委託先が誤廃棄 - アイン薬局
顧客情報2万4000件含むCD-ROMが所在不明に - 但陽信金