Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

税務情報を地元の不動産業者へ漏洩 - 可児市職員が逮捕

岐阜県可児市の職員が、税務情報を市内の不動産業者へ漏洩したとして、地方税法違反容疑で6月24日に逮捕された。

今回逮捕されたのは、健康福祉部いきいき長寿課に在職する男性職員。2001年4月1日から2006年3月31日まで同職員が税務課長を務めた間、パソコンに保存された「課税台帳兼名寄帳」から4人分の固定資産税額や土地の評価額などを取得。市内の不動産業者へ提供した容疑で、不動産業者の男性も逮捕されている。

同職員へ警察による任意の事情聴取など行われ、同市でも調査を行っていたが、内部調査では全容把握が困難として、5月30日に同職員について刑事告発を行っていた。

(Security NEXT - 2008/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
区立こども園の保育室で園児画像含むカメラが所在不明に - 台東区
関連機関で性的少数者の個人情報を漏洩 - 富士市
スキャンした答案用紙を模範解答と誤り配信 - 佐賀県の高校
高齢者の個人情報含む名簿が所在不明 - 名古屋市
職員が同窓会目的で個人情報照会システムを利用 - 前橋市