Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AcrobatやAdobe Readerに脆弱性 - すでに攻撃コードの報告も

Adobe AcrobatやAdobe Readerに脆弱性が見つかった。すでに脆弱性を狙った攻撃コードも出回っているという。

米Adobe Systemsによれば、JavaScriptの処理に問題があり、不正なPDFファイルを閲覧した際に、アプリケーションをクラッシュさせたり、第三者によるコードが実行されるおそれがある。

いずれもバージョン8.1.2、および7.0.9に影響があり、以前のバージョンも含まれる。エクスプロイトについても複数の報告が寄せられており、同社ではアップデートの適用を呼びかけている。

Security Update available for Adobe Reader and Acrobat 8.1.2
http://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb08-15.html

Adobe Systems
http://www.adobe.com/

(Security NEXT - 2008/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性