Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の脆弱性を解消したWindows版「Safari」が公開

アップルは、Windows環境における複数の脆弱性を解消したブラウザ「Safari 3.1.2」を公開した。

今回のアップデートでは、マイクロソフトが5月末にアドバイザリを公開していたデータ保存場所に関する脆弱性をはじめ、3種類の脆弱性に対応。同社ウェブサイトよりダウンロードできるほか、Software Update経由でも入手できる。

アドバイザリにより公表されていた脆弱性は、ダウンロードしたデータの保存先がデスクトップに初期設定されており、任意のコードが実行される問題で、保存場所を変更することで問題を解決した。

さらにローカルや信頼されたサイトからダウンロードを行った際に自動的にファイルが実行される脆弱性や細工が施されたBMPやGIFファイルの処理に問題があり情報漏洩が発生する問題などを解消している。

また今回のバージョンアップでは、同ブラウザが利用するフレームワーク「WebKit」のJavaScriptに関する処理において任意のコードが実行される問題についても解決したという。

About the security content of Safari 3.1.2 for Windows
http://support.apple.com/kb/HT2092

アップル
http://www.apple.com/jp/

(Security NEXT - 2008/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正