Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

青少年向けフィルタリングの啓発活動で10万枚のパンフを配布 - 経産省

経済産業省は、青少年向けのコンテンツフィルタリングの普及を目指し、「フィルタリング普及啓発キャンペーン」を開始した。

同省をはじめ、パソコンやソフトメーカー、家電量販店、インターネット企業など官民協力体制で、フィルタリングの利用促進を目指し、キャンペーンを実施するもの。先週末に秋葉原の大型家電量販店でキックオフイベントが開催され、各主要都市においても関係者によるパンフレットの手渡しが行われた。

今後6月末まで、約10万枚のパンフレットを家電量販店で配布するほか、看板の設置など啓発活動を展開する。

(Security NEXT - 2008/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
トレンドと警視庁、子どものインターネット被害防止で契約締結
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
「アカウントの資金を凍結」 - 仮想通貨取引所「bitbank」かたるフィッシング