Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット10大脅威の1位は? - 「情報セキュリティ白書2008」の一部が公開

情報処理推進機構(IPA)は、「情報セキュリティ白書2008」に収録したコンテンツ「10大脅威 ますます進む『見えない化』」をサイト上で公開した。

同コンテンツは、同機構へ届けられたウイルスや不正アクセス、脆弱性などの情報を取りまとめたなかから、セキュリティ有識者など104人で構成される「情報セキュリティ検討会」で社会的に影響が大きかった脅威を投票により選出。10種類の脅威について、理解しやすいよう模式図を用いながら解説したもの。

1位は、不正サイトや脆弱製を攻撃する添付ファイルなどを利用し、インターネット利用者の行動を利用して攻撃を行う「誘導型攻撃」。ウェブサイトの脆弱製を狙った攻撃が2位、情報漏洩についても恒常化しているとして3位に入った。また10大脅威は、相互に影響しあっていることから相関関係をまとめている。同機構がまとめたランキングは以下のとおり。

1位:高まる「誘導型」攻撃の脅威
2位:ウェブサイトを狙った攻撃の広まり
3位:恒常化する情報漏えい
4位:巧妙化する標的型攻撃
5位:信用できなくなった正規サイト
6位:検知されにくいボット、潜在化するコンピュータウイルス
7位:検索エンジンからマルウェア配信サイトに誘導
8位:国内製品の脆弱性が頻発
9位:減らないスパムメール
10位:組み込み製品の脆弱性の増加

(Security NEXT - 2008/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

D-Link製アクセスポイントに複数脆弱性 - コマンド実行のおそれ
「EC-CUBE」向け決済モジュールに複数脆弱性
「情報処理安全確保支援士」の新規登録1200人 - 1万9417人に
Apple、「iOS 13.1.2」をリリース - 2週間弱で3度の更新
Apple、「iOS 13.1」をリリース - 脆弱性の修正内容は不明
ネットサービスの多要素認証、設定手順を解説 - IPA
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
要件定義のノウハウまとめたIPA資料に改訂版 - 成功事例も
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説