Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット10大脅威の1位は? - 「情報セキュリティ白書2008」の一部が公開

情報処理推進機構(IPA)は、「情報セキュリティ白書2008」に収録したコンテンツ「10大脅威 ますます進む『見えない化』」をサイト上で公開した。

同コンテンツは、同機構へ届けられたウイルスや不正アクセス、脆弱性などの情報を取りまとめたなかから、セキュリティ有識者など104人で構成される「情報セキュリティ検討会」で社会的に影響が大きかった脅威を投票により選出。10種類の脅威について、理解しやすいよう模式図を用いながら解説したもの。

1位は、不正サイトや脆弱製を攻撃する添付ファイルなどを利用し、インターネット利用者の行動を利用して攻撃を行う「誘導型攻撃」。ウェブサイトの脆弱製を狙った攻撃が2位、情報漏洩についても恒常化しているとして3位に入った。また10大脅威は、相互に影響しあっていることから相関関係をまとめている。同機構がまとめたランキングは以下のとおり。

1位:高まる「誘導型」攻撃の脅威
2位:ウェブサイトを狙った攻撃の広まり
3位:恒常化する情報漏えい
4位:巧妙化する標的型攻撃
5位:信用できなくなった正規サイト
6位:検知されにくいボット、潜在化するコンピュータウイルス
7位:検索エンジンからマルウェア配信サイトに誘導
8位:国内製品の脆弱性が頻発
9位:減らないスパムメール
10位:組み込み製品の脆弱性の増加

(Security NEXT - 2008/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
中小企業向けのIoT品質確認チェックリスト - IPA
佐川装う悪質SMS、相談件数が10月以降急増 - iOS利用者も標的に
リコー製電子ホワイトボードに複数の脆弱性
2018年秋期情報セキュマネ試験、合格率5割切る - 開始以降はじめて
2018年度上半期の標的型攻撃相談155件 - 添付ファイル暗号化、PW別送の手口に注意
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性