Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DebianやUbuntuのOpenSSLに脆弱性 - すでに複数の攻撃コードも

JPCERTコーディネーションセンターは、「Debian」や「Ubuntu」といったLinuxディストリビューションに含まれる「OpenSSL」に脆弱性が見つかったとして注意を呼びかけている。

今回見つかった脆弱性は、公開鍵認証に使用する鍵をOpenSSLライブラリを用いて作成した場合、推測可能な乱数を元に生成するというもの。暗号化された通信を復号されたり、公開鍵認証が回避される可能性があり、すでに同センターでは、複数の攻撃コードが公開されていることを確認しているという。

影響を受けるのは、Debian GNU/Linux 4.0や派生バージョン、Ubuntu 7.04、同7.10、同8.04。Debianベースのディストリビューションや、各ディストリビューションにおいて、同ライブラリを利用する「OpenVPN」「OpenSWAN」についても注意が必要。

JPCERTコーディネーションセンター
http://www.jpcert.or.jp/

(Security NEXT - 2008/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定
ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通