Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、指紋と血管を1度に認証する新技術を開発

NECは、指紋と血管の生体情報を同時に読み取る非接触型マルチモーダル認証技術を開発した。

同社によると、複数の動作を必要とする従来のマルチモーダル認証と異なり、新技術では「ハイブリッドセンシング技術」により、単一の装置で同時に読み取り、認証が可能で、同社独自開発の指紋認証アルゴリズムと血管認証アルゴリズムを複合的に利用することでより効果的な認証を実現できるという。

また指だけではなく、手のひらなど皮膚紋様と血管がある生体部位に適用可能で、指と手のひらの2つの部位に対応した認証装置など実現できる。同社では、入退室の管理装置やキオスク端末など業務用機器への組込み分野向けに製品化を進める。

(Security NEXT - 2008/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
NTTテクノクロス、モバイルカメラを使った静脈認証ソリューション
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加
NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
富士通、FIDO準拠の生体認証サービス - カメラによる生体認証にも対応
顔認証活用の決済サービスで実証実験 - 三井住友銀などで実施
DDS、FIDOに準拠した認証サービスを提供
DNPとGemalto、スマホの生体認証機能を活用した認証サービス
NEC、顔認証を活用した決済システムの実証実験を開始
NEC、ログオンソフトに生体認証とPWによる二要素認証機能