Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横浜市、35年にわたり誤って課税 - 同姓同名で取り違え

横浜市は、戸塚区において固定資産税や都市計画税を関係ない住民へ35年にわたり誤って課税していたことを明らかにした。

土地の所有者を誤り、1973年から固定資産税や都市計画税を住民へ誤って課税していたもの。4月4日に同姓同名である別人の納税通知書が送付されたと住民から指摘を受け、調査をしたところ課税ミスが判明した。

課税処理のコードを付設する際、同姓同名の別人を取り違えていたのが原因で、同市では誤って課税していた住民に謝罪し、2008年度分の課税を取り消し、課税台帳が保存されている1997年以降の納付分額46万2300円を還付した。

また本来課税対象となる住民に対して、土地の所在や価格、課税標準額、税額など個人情報の漏洩など事情を説明して謝罪。課税について説明したという。

(Security NEXT - 2008/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
メール誤送信で委託先担当者情報など流出 - 東京都公園協会
クラウド利用のセキュリティポリシー、策定するも遵守に不安の声
顧客向けメールで誤送信、CCにメアド620件 - 沖縄電
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
メール誤送信で職員採用試験申込者のメアド流出 - 長野県
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」