Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横浜市、35年にわたり誤って課税 - 同姓同名で取り違え

横浜市は、戸塚区において固定資産税や都市計画税を関係ない住民へ35年にわたり誤って課税していたことを明らかにした。

土地の所有者を誤り、1973年から固定資産税や都市計画税を住民へ誤って課税していたもの。4月4日に同姓同名である別人の納税通知書が送付されたと住民から指摘を受け、調査をしたところ課税ミスが判明した。

課税処理のコードを付設する際、同姓同名の別人を取り違えていたのが原因で、同市では誤って課税していた住民に謝罪し、2008年度分の課税を取り消し、課税台帳が保存されている1997年以降の納付分額46万2300円を還付した。

また本来課税対象となる住民に対して、土地の所在や価格、課税標準額、税額など個人情報の漏洩など事情を説明して謝罪。課税について説明したという。

(Security NEXT - 2008/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
確認のためメアドをメール本文に、そのまま誤送信 - 佐賀県
設定ミスにより危険な状態の「SAP」が多数存在 - 攻撃ツールが流通
農業従事者向けメールで誤送信 - 富山県
メール送信ミスで講習受講希望者のメアド流出 - 香川大
映画「おっさんずラブ」エキストラ応募者へのメールで誤送信
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会