Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VPN活用し国内外拠点にUTMを提供する新サービス - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、国内外の拠点で統一されたセキュリティ対策を実現するトータルソリューション「グローバルUTMマネジメントサービス」を、4月1日より提供開始する。

同サービスは、同社のArcstarグローバルIP-VPNサービスの利用者を対象に、セキュリティポリシーの策定から導入、構築、およびインシデント発生時の対応までをパッケージ化して提供するもの。Arcstar IP-VPNに接続された拠点ごとにレンタル提供するUTM機器を接続し、統一されたセキュリティ対策を実現する。

また、セキュリティ専門技術者が常駐するNTT ComセキュリティオペレーションセンタとUTM機器ベンダ、外部セキュリティ専門研究センタの連携により、24時間365日対応のリアルタイムイベント通知サービスなど、セキュリティ運用やサポートも提供される。

提供エリアは日本、米国、英国、中国、韓国、シンガポール、マレーシアなど19の国および地域などで、順次拡大される予定。

(Security NEXT - 2008/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス
「SKYSEA Client View」に新版 - UTMとの連携に対応
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討
NECネッツエスアイ、中小企業向けUTM運用サービス
NTTコム、VPNのオプションでUTM機能を提供
CITS、Clavister製UTMのフルタイム保守サービスを開始