Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新モジュールを追加した「SafeGuard Enterprise」最新版 - ウティマコ

ウティマコ セーフウェアは、セキュリティポリシーの集中管理やデータの暗号化、認証、監査などを実現するデータセキュリティ製品の最新版「SafeGuard Enterprise 5.21」を発売した。

同製品は、ネットワーク上のPCについてセキュリティポリシーを管理するセキュリティソリューション。複数のモジュールで構成されるソリューションのため、企業のニーズに合わせた柔軟な導入できる。

従来より提供されているセキュリティポリシー管理モジュール「SafeGuard Management Center」やデータを暗号化する「SafeGuard Device Encryption」にくわえ、最新版では、リムーバブルメディアを暗号化して安全なデータの持ち運びを実現するモジュール「SafeGuard Data Exchang」が追加された。

新モジュールの「SafeGuard Data Exchang」は、発売日から6カ月の間に「SafeGuard Management Center」および「SafeGuard Device Encryption」を購入すると無償で提供される。

(Security NEXT - 2008/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集