Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

さいたま市のWinny流出問題、個人情報344件が流出か

さいたま市北消防署の行政情報が、ファイル共有ソフト「Winny」を通じて外部へ流出した問題で、流出データに344人分の個人情報が含まれていることがわかった。

職員が業務データを自宅へ持ち帰り、私有パソコンで作業していた際、インストールされていた「Winny」を介してネット上に流出したもの。同市では、今月はじめに行政情報3件の流出を公表し、調査を進めていた。

あらたに流出の可能性が判明した行政情報は、公聴事務処理票や災害発生時連絡先一覧、シルバーホン利用者台帳、無線従事者台帳、マニュアル資料など41件。職員303人分や住民41人分の個人情報が記載されていた。流出のおそれがある個人情報は、おもに氏名や住所だが、一部には電話番号や生年月日、利用医療機関なども含まれる。

同市では、流出の対象となった住民に対して説明や謝罪を実施。さらにインターネット上の監視を実施しているが、流出した情報の不正利用などは確認されていないという。また全職員を対象に業務情報の持ち出しに関する点検作業を実施した。

(Security NEXT - 2008/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も