Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリなど外部メディアを介して感染するウイルスが激増 - マカフィー調査

マカフィーは、2月に同社データセンターが検知したウイルスや不審なプログラムの状況をまとめた。USBメモリなど外部メディア経由で感染を広げる「Generic!atr」が、検知マシン数および企業数でトップになった。

同レポートによると、ウイルスの検知マシン数および企業数において、ランキングの半数以上をトロイの木馬が占める状況が依然として続いている。今月トップにランクインした「Generic!atr」は、USBメモリなど外部接続メディアを介して感染を広げるワーム「W32/Autorun.worm」が使用する設定ファイル「autorun.inf」で、検知ファイル数でも5位を占めるなど、前月から大幅な増加を見せている。

また、オンラインゲームのパスワードを盗む「PWS-OnlineGames.a」をはじめ、古い脆弱性を悪用して感染させるウイルスが依然まん延している。

不審なプログラムでは、3位と4位が逆転しただけで、トップ10の内容には変化がなかった。その中でも、「Exploit-MIME.gen.c」に代表されるように、脆弱性をねらった攻撃が増加しているとして注意を呼びかけている。

同社が発表した検知マシン数のトップ10は以下のとおり。

ウイルス

1位:Generic!atr
2位:Generic.dx
3位:Generic Downloader.bk
4位:PWS-LegMir.gen.k.dll
5位:VBS/Psyme
6位:PWS-OnlineGames.a
7位:VAnti.sys
8位:X97M/Laroux.a.gen
9位:Exploit-MS06-014
10位:JS/Exploit-BO.gen

不審なプログラム

1位:Generic PUP.g
2位:Exploit-MIME.gen.c
3位:Adware-GAIN
4位:Winfixer
5位:Generic PUP.e
6位:Adware-Baidu
7位:RemAdm-TightVNC
8位:Adware-RewardNet
9位:Adware-SaveNow
10位:Adware-GAIN.lnk

(Security NEXT - 2008/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集