Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DB検証用疑似データを本番データから作成「DB Secure Utility」

システムエグゼは、データベース開発時の個人情報漏洩リスクを低減する「DB Secure Utility」を開発し、Oracle対応版の提供開始した。

同製品は、データベースの実データからテストや検証用の擬似データを作成するユーティリティソフト。「自動解析機能」により元データのデータ型やカラム名、サンプリングデータを分析した上で、氏名、住所、電話番号など、個人情報と判断されるテーブルについて疑似データを作成する。

また「レポート発行機能」を搭載しており、置換処理の内容を文書化し、内部監査などに使用できる。同社では、今回発売したOracle対応版に続き、DB2やMicrosoft SQL Server対応版を開発する予定。

(Security NEXT - 2008/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院