Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

資料請求した顧客情報が検索サイトへ流出 - トータルハウジング

トータルハウジングは、賃貸物件について資料請求した顧客143人の個人情報が、一部検索サイト上で閲覧可能な状態だったと発表した。

流出したのは、2002年から2003年にかけて入居者を募集していた物件「ストーリア品川」のウェブサイトを通じて資料請求した顧客143人分の個人情報。氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれる。

一部の検索サイト上で検索可能となったもので、同社では問題となったページを閉鎖やデータの削除など対応を実施しており、現在は表示されないという。同社では、今回の事故を受け、関連する所轄省庁への報告を行っている。

(Security NEXT - 2008/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童の個人情報含む資料を誤って送信 - 新潟県
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
ローソン、サイトやアプリを再開 - 情報流出など確認されず
「Zendesk」の一部顧客情報が流出 - 外部の指摘で判明
従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ
海外子会社でマルウェア感染、本社偽うメールで - 双葉電子
「VMware Workstation」などに複数脆弱性を解消するアップデート
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
10月のフィッシングサイト、過去最多に - 報告は8000件を突破