Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールの送信ミスで読者のアドレス888件を流出 - 名古屋都市産業振興公社

名古屋都市産業振興公社において情報提供メールの誤送信が発生し、読者888人のメールアドレスが流出したことがわかった。

誤送信が発生したのは、研究者や技術者向けに情報提供を行う「名古屋都市産業振興公社メールニュース」。2月20日にメールを送信した際、受信者のアドレスを誤って宛先欄に入力して送信。5グループに分けて送信された888人のアドレスが、ほかの受信者に閲覧できる状態になったという。

同日中に、受信者からの指摘により誤送信が判明。同公社では関連する読者に対しメールで謝罪し、誤送信メールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2008/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販
IPA、若年層向けコンクールの受賞候補作を公開 - 意見募集
メール誤送信で推薦入試出願者のメアド流出 - 県立広島大
顧客情報含む業務用携帯を紛失 - 中部ケーブルネットワーク
成績情報含むUSBメモリが所在不明 - 奈良学園中
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール