Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

納付相談員が介護保険料徴収票を紛失 - 新宿区がなりすましに注意呼びかけ

新宿区は、介護保険料納付相談員が、被保険者宅の訪問中に、介護保険料徴収票33人分を紛失したと発表した。

所在不明となっている徴収票には、被保険者の氏名や住所、生年月日、介護保険料の納付状況などが記載されていた。1月22日に非常勤の相談員が、担当地域を訪問中に紛失したとみられている。訪問ルートを捜索し、警察へ届け出たが、24日時点では見つかっていない。

同区では、関連する被保険者宅を直接訪問して説明と謝罪をする。また徴収票が悪用され、相談員へのなりすましなどが発生するおそれもあるとして、納付相談員が訪れた際は身分証明書を確認するなど、注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避