Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Excelの複数バージョンに脆弱性 - MSがゼロデイ攻撃を確認

マイクロソフトは、Excelに脆弱性が見つかったとしてアドバイザリを公開した。同社では、詳細について調査を進めている。

影響を受けるのは、「Microsoft Office Excel 2003 SP2」「同Viewer 2003」「同2002」「同2000」および「Microsoft Excel 2004 for Mac」で、メールの添付ファイルやウェブサイト上で公開されたファイルなど、不正に改変されたファイルを開いた場合、任意のコードが実行されるおそれがある。

同社では、ゼロデイ攻撃を確認しているが、脆弱性の内容が一般に公開されていないことから、危険性は限定的であると説明している。また「同2007」「同2003 SP3」「同2008 for Mac」、および「同2003 SP2」に「MOICE」を適用している場合は、影響を受けないという。

Microsoft Excelの脆弱性により、リモートでコードが実行される
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/947563.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委