Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

茨城銀行で信用情報2575件の誤登録が判明 - 554件で不利益発生のおそれ

金融機関が信用情報を共有している全国銀行個人信用情報センターに対し、茨城銀行が一部誤った情報を登録していたことがわかった。

同行が、内部調査を実施したところ明らかになったもので、プログラムの不具合をはじめ、登録ミス2575件が判明した。

プログラムの問題により誤って登録していたケースは965件で、319件については融資などに影響がでるなど、利用者に不利益が発生したおそれがある。請求がないにもかかわらず入金されていないと登録したケースが821件にのぼり、返済したにもかかわらず反映されていなかったケースも139件あった。

またプログラムの不具合以外の登録ミスについては、完済した情報が登録されていなかったり、不正確な情報が登録されていたケースなど1610件が判明。そのうち225件について不利益が発生したおそれがあった。

同行では、誤ったデータについてはすでに修正を行っており、正しい情報が登録されていると説明。また同行において誤登録データを理由に融資を断ったり、苦情が寄せられたケースはなかったという。

2006年10月に全国銀行個人信用情報センターにおいて、システムの変更が実施されており、その際にプログラムの不具合により多数金融機関で登録ミスの問題が発生。同センターでは、2007年1月に金融機関に対して同様の問題が発生していないか調査を要請。同行では登録されているすべてのデータついて調査を行っていた。

茨城銀行
http://www.ibagin.co.jp/

(Security NEXT - 2008/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも