Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プログラムミスにより高卒認定試験で誤った合否判定 - 文科省

文部科学省の高等学校卒業程度認定試験(旧大検)において、採点ミスが発生した。大学センター試験が迫る中、一部合格者へ連絡が取れない状況だという。

2007年度第2回の同試験科目「世界史A」で、採点プログラムにミスがあったもの。同省の調査によれば、同プログラムは、2005年から2007年にかけて実施された6回の試験で採用されており、100点満点中、6点から12点が配点されていた一部設問について、採点がまったく行われていなかったという。

同省では同科目について、2114人をあらたに合格と認定。認定試験の合否についても、80人が誤って不合格となっており、同省では今回判明した合格者へ証書などを送付している。

1月実施の大学入試センター試験の出願についても特別の取り扱いを実施し、大学や教育委員会へも配慮するよう通知しているが、2005年度に受験した8人について連絡が取れない状態だという。同省では心あたりがある場合、連絡してほしいと呼びかけている。

文部科学省
http://www.mext.go.jp/

(Security NEXT - 2008/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ