Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1月の月例セキュリティパッチは2件 - マイクロソフト

マイクロソフトは、2008年1月に公開を予定している定例セキュリティ更新プログラムの事前予告を行った。

1月は、深刻度が「緊急」「重要」とされる脆弱性がそれぞれ1件ずつ、合計2件の更新プログラムが1月9日に配信される予定で、いずれもWindowsの脆弱性を解消する。

「緊急」とされる脆弱性は、攻撃を受けた場合にリモートでコードが実行される可能性があり、「重要」とされるものは、特権の昇格が発生するおそれがある。

マイクロソフトセキュリティ情報の事前通知
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms08-jan.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/01/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報の紛失防止で組織向けに教育資料 - JIPDEC
小学校で児童情報を紛失、年賀状作成で持出 - 熊本市
「Emotet」感染でなりすましメール送信 - 岐阜新聞社
印刷ミスの受託県税督促状を駅ゴミ箱に - 兵庫県委託先
「個人データを情報銀行へ預けてもよい」55% - 情報漏洩や悪用に懸念も
「Samba」に3件の脆弱性、アップデートがリリース
セブンイレブン向けネットプリントアプリに脆弱性
誤送信で博士課程在籍者のメアドが流出 - 琉球大
避難行動要支援者の情報含むUSBメモリを紛失か - 富津市
セキュアIoT生体医工学の拠点形成で研究成果を発表 - TDU