Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1月の月例セキュリティパッチは2件 - マイクロソフト

マイクロソフトは、2008年1月に公開を予定している定例セキュリティ更新プログラムの事前予告を行った。

1月は、深刻度が「緊急」「重要」とされる脆弱性がそれぞれ1件ずつ、合計2件の更新プログラムが1月9日に配信される予定で、いずれもWindowsの脆弱性を解消する。

「緊急」とされる脆弱性は、攻撃を受けた場合にリモートでコードが実行される可能性があり、「重要」とされるものは、特権の昇格が発生するおそれがある。

マイクロソフトセキュリティ情報の事前通知
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms08-jan.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/01/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース