Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4851人分の個人情報を記録したUSBメモリを紛失 - 都内職安

東京労働局は、11月から12月にかけて木場公共職業安定所雇用保険給付課の職員が、個人情報を含むUSBメモリを紛失したと発表した。

同安定所の職員が、11月30日にパソコンで「就職者名簿」をUSBメモリに保存したものの、12月3日に別の職員が就職者名簿を追加作成しようとしたところ、所在不明になっていることに気が付いたという。

同名簿には、求職者給付の受給手続きを行い、その後就職した4851人分の個人情報が保存されており、氏名や生年月日、職種、支給番号のほか、再就職先の情報が含まれる。同局では、関連者に対して文書により事情を説明し、謝罪するという。

(Security NEXT - 2007/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
Facebook、パスワード数億人分を社内保管 - 外部公開や悪用は確認されず
受験出願者宛のメールで送信ミス、メアド流出 - 国際教養大
ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定
WP向けソーシャルボタンプラグインにゼロデイ攻撃 - アップデートが緊急公開
「VMware Horizon」に脆弱性 - 内部のドメインやサーバ名など漏洩のおそれ
「PowerDNS」の権威DNSサーバに脆弱性 - 「RESTfulモード」利用時に影響
「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」に新版 - 2年4カ月ぶりの大幅改訂