Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

レセプト持ち出してトイレに投棄した職員を処分 - 倉敷市

倉敷市は、個人情報などが記載されている診療報酬明細書を不正に取り扱った非常勤の嘱託職員や監督責任がある上司について処分を行った。

同問題は2007年9月に、同職員が上司に対する嫌がらせの目的で同市保管庫から診療報酬明細書を持ち出したもの。90件を庁舎内に隠したり、122件を外部の商業施設のトイレへ投棄したもの。

同市では、問題の職員について12月28日付けで解職。監督責任者7人について戒告や文書による厳重注意を行った。

(Security NEXT - 2007/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意
スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省