Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「いつでも」「何度でも」 - KCCSが年額制の脆弱性診断サービス

京セラコミュニケーションシステムは、年額制のASP型脆弱性診断サービス「SecureOWL」を、2008年2月末より提供開始する。

同サービスは、米nCircleが提供し同社が国内販売を行っている脆弱性管理システム「nCircle IP360」を使用した脆弱性診断サービス。ASPサービスのため、機器の購入や設定が必要ないほか、契約期間中は、回数や時間に関係なく、ウェブ上から診断の予約や実施、結果の確認が行える。

脆弱性情報は常時アップデートされるため、最新の脆弱性にも対応し、また問題点に加え、解決策などもレポートする。料金は1IP当たり3780円/年。10IPから契約できる。初年度の初期費用や次年度からの基本料金が別途必要。

(Security NEXT - 2007/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町