Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オークションで「CADソフト体験版」の複製を販売した男性が御用

北海道警と斜里署は、オークションサイトで無断複製したソフトを販売していたとして、都内に住む男性を著作権法違反容疑で逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によると、逮捕された男性は2007年6月から7月にかけて「AutoCAD 2007」の海賊版を販売したほか、9月にも同様に海賊版を販売。ほかにも余罪があるとして警察が調べを進めている。

メーカーが無償で提供し、期間限定で利用できる体験版を「研究用」などと偽って販売する手口で、使用期限について顧客から問い合わせを受けると、さらに制限を解除するツールを販売していたという。

一般から通報を受けた警察がACCSに相談し、同ソフトの著作権者であるオートデスクインクに連絡。同社が告訴していた。男性は仕事でもCADソフトを利用していたという。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2007/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク