Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オークションで「CADソフト体験版」の複製を販売した男性が御用

北海道警と斜里署は、オークションサイトで無断複製したソフトを販売していたとして、都内に住む男性を著作権法違反容疑で逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によると、逮捕された男性は2007年6月から7月にかけて「AutoCAD 2007」の海賊版を販売したほか、9月にも同様に海賊版を販売。ほかにも余罪があるとして警察が調べを進めている。

メーカーが無償で提供し、期間限定で利用できる体験版を「研究用」などと偽って販売する手口で、使用期限について顧客から問い合わせを受けると、さらに制限を解除するツールを販売していたという。

一般から通報を受けた警察がACCSに相談し、同ソフトの著作権者であるオートデスクインクに連絡。同社が告訴していた。男性は仕事でもCADソフトを利用していたという。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2007/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
委託先でカード決済の二重請求や引落が発生 - イープラス
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委