Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

採用試験の受験者情報730人分がネット流出 - 自衛隊

自衛隊採用試験の一部受験者情報がインターネット上に流出したことがわかった。保護者に関する情報や受験者が通う学校のランクなども含まれていたという。

流出したのは、自衛隊神奈川地方協力本部が管理していた2006年度曹候補士1次試験合格者の個人情報730人分。受験者の氏名や住所、電話番号、学校名、学校のランク、卒業年月日のほか、保護者の氏名や住所、電話番号なども含まれる。

10月1日に1次合格発表をした際、担当者が誤ってウェブサイト上に公開したもので、11月16日に外部の指摘で判明した。ファイルは外部からアクセスできる状態で、検索エンジンにも登録されていたという。すでに同本部では、データは削除されており、現在事故の原因究明を調べている。

(Security NEXT - 2007/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
PHPがセキュリティアップデート - 5.6系と7.0系がサポート終了へ
「割引」で誘引、ふるさと納税の偽サイトに注意 - 公式サイトよりデータ盗用
Flashゼロデイ攻撃、露医療機関文書に偽装 - 伊Hacking Teamと手法類似
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
医療分野に特化したハッキングコンテスト - 脆弱性32件を発見
「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性