Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国産人気ブラウザ「Sleipnir」などに脆弱性 - アップデートがリリース

人気国産ブラウザ「Sleipnir」「Grani」に脆弱性が見つかったとして、開発元であるフェンリルは、アップデートを呼びかけている。

脆弱性が見つかったのは、「Sleipnir 2.5.17 Release2」や「Portable Sleipnir 2.5.17 Release2」「Grani 3.0」。いずれも、以前に提供されたバージョンにも同様の脆弱性が含まれる。お気に入り検索機能に問題があり、任意のスクリプトが実行されるおそれがあるという。

同社は、脆弱性を解消した「Sleipnir 2.6.0」「Grani 3.1」を公開しており、最新版へのアップデートを呼びかけている。

フェンリル
http://www.fenrir.co.jp/

(Security NEXT - 2007/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳