Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開発中のソフトウェアに潜む障害や脆弱性の原因を検出 - 丸紅情報システムズ

丸紅情報システムズは、開発中のソフトウェアに障害や脆弱性の原因となるソースコードがないか調査し、自動で検出するソフト「クロックワークケーセブン」の販売を開始する。

同製品は、米Klockworkが開発した障害、脆弱性ソースコード検出ソフト。開発中のソフトウェア内に含まれる障害や脆弱性の原因を自動検出する。障害や脆弱性の原因となる記述パターンのデータベースをもとにソースファイルを、300以上の検査項目において調査。潜在的な問題の数量と内容をレポートする。対応言語は、「Java」「C」および「C++」。

複数のソースファイルで構成されたソフトウェアについては、ソースファイル間の関係性を解析して問題点を検出する。検出された脆弱性や欠陥情報、誤検出情報などの問題点はデータベースに蓄積され、ソフトウェア開発の現場で共有化される。

対応プラットフォームはWindows、Solaris、Linux。標準価格は252万円から。

(Security NEXT - 2007/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
戸籍謄本など不正入手、職員を懲戒免職 - 東京都
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア