Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RealPlayerに危険度が高いバッファオーバーフローの脆弱性

マルチメディアプレイヤーソフト「RealPlayer」にバッファオーバーフローの脆弱性が見つかった。Real Networksでは、脆弱性を解消するパッチを提供している。

脆弱性が見つかったのは、Real Networksの「RealPlayer 11 beta」「同10.5」「同10」と「RealOne Player version1」および「同2」。いずれもWindows版に影響がある。

シマンテックによると、ユーザーが入力したデータのチェックに不備があり、Playlist名を悪用されると任意のコードが実行されるおそれがあるという。すでに脆弱性を攻撃するコードも出回っていることから、深刻度も高いとして、同社をはじめ各セキュリティは、注意を呼びかけている。

Real Networksでは、「RealPlayer 11 beta」と「同10.5」に対してパッチを提供するとしており、それ以前のバージョンについてはアップデートした上で、パッチを提供するようアナウンスしている。

RealPlayer Security Vulnerability
http://service.real.com/realplayer/security/191007_player/en/

RealNetwork
http://www.realnetworks.com/

(Security NEXT - 2007/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生
HTTPサーバ「H2O」に脆弱性 - アップデートがリリース
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも