Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボットの動きが沈静化、NetskyやMydoomなど古参ウイルスが上位 - Kaspersky調査

Kaspersky Labsによると、「Downloader.Win32.Agent.brk」のボットネット拡大の活動は落ち着きを見せる一方、古参ウイルスが活動を活発化させている。

Kaspersky Labsが、9月におけるウイルスやオンラインスキャナの検知状況をランキングとしてまとめたもので、1位と2位をNetskyファミリーが占め、おなじみの「Mydoom.l」、「Bagle.gt」、「Nyxem.e」が上位にランクインするなど、古参ウイルスが顔をそろえた。

一方、8月に活動が活発化したトロイの木馬「Agent.brk」は、構築したボットネットを拡張させるという同社の予測に反し、活動が鎮静化。ボットネットを通じて拡散する「Warezov」も上位20位に入らなかったという。

オンラインスキャナでは、8月にトップだった「PolyCrypt.b」が一気に18位まで退いた以外、上位ウイルスについては目立った動きはなかった。注意すべき動きとしては、8月に再ランクインしたトロイの木馬「Small.ddp」が、今月4位に順位を上げている。

同ウイルスはボットネットを構築して、複数の悪意あるプログラムを感染したコンピュータにインストールさせるため、Zbotファミリーによる大規模感染が発生する可能性があるとして、同社では警鐘を鳴らしている。

同社が公表したウイルスやオンラインスキャナの上位10位はそれぞれ以下のとおり。

ウイルス

1位:NetSky.q
2位:NetSky.aa
3位:Mydoom.l
4位:Bagle.gt
5位:Nyxem.e
6位:Mytob.c
7位:Feebs.gen
8位:NetSky.t
9位:Paylap.bg
10位:NetSky.b

オンラインスキャナ

1位:Dialer.qn
2位:LoadAdv.gen
3位:Brontok.q
4位:Small.ddp
5位:Perflogger.ca
6位:Rays
7位:RAS.a
8位:Small.a
9位:BHO.cc
10位:Virtumonde.jp

(Security NEXT - 2007/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県