Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Skypeで拡散するワームにセキュリティベンダーが注意呼びかけ

Skype Technologiesや複数のセキュリティベンダーは、「Skype for Windows」のインスタントメッセージ機能を利用して感染を拡大するワームを確認したとして、注意を呼びかけている。

「w32/Ramex.A」「W32/Skipi.A」「W32.Pykspa.D」などと名付けられたワームは、感染するとコンタクトリストに登録されているユーザーへ、画像のリンクであるかのように偽装したURLを送付。URLへアクセスすると「.scr」という拡張子を持ったファイルがダウンロードされ、マルウェアに感染する。

F-Secureによれば、すでに異なるURLを表示する2種類のワームを確認しており、感染した場合、Windowsにデフォルトで添付されている「泡模様」の壁紙が表示されるほか、レジストリの変更が行われる。またhostsファイルが改ざんされ、セキュリティ関連サイトへのアクセスを妨害するなど感染活動を行うという。

(Security NEXT - 2007/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック