Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッファローとバンダイ、子どものPC利用を制限するUSBキー

バッファローとバンダイは、ペアレンタルコントロールを実現するUSBキー「ぱそこんキッズキー」を9月14日より発売する。価格はオープン。

同製品は、パソコンのUSBポートに接続することにより自動的に子ども専用モード「キッズモード」として動作するセキュリティ製品。バンダイが、企画、製造しており、ウォルト・ディズニー・ジャパンからライセンスを受け、「ミッキーマウス」と「くまのプーさん」モデルを用意。発売バッファローが担当する。

6歳から9歳を対象に設計されており、ブラウザから自動的に「Yahoo!きっず」に接続される。URLは直接入力ができないようになっており、保護者が接続したサイトを確認することも可能。また利用できるソフトやファイル、利用時間などの制限が行える。

バッファロー
http://buffalo.jp/

バンダイ
http://www.bandai.co.jp/

(Security NEXT - 2007/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も