Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

広島信金、顧客情報約3万件を記録したPDAを紛失

広島信用金庫は、8月22日に口座番号を含む顧客情報3万3109件が記録された端末の紛失が発生したと発表した。

所在がわからなくなっているのは、西部支店の業務用PDAで、取引先情報3万3109件が記録されていた。3万360件については、氏名あるいは会社名と口座番号が含まれ、2749件については、さらに住所や生年月日、取引情報など記録されていた。

職員が営業中に紛失したとみられており、警察へ被害を届けた。また関連する顧客に対し個別に説明と謝罪を行っている。

同金庫によると、端末内部のデータは暗号化により保護されており、端末機には翌日になると自動でデータを消去する機能が搭載されていることから、情報が流出する可能性は低いという。

(Security NEXT - 2007/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社