Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

利用者180名の個人情報含むFDを紛失 - 横浜市の福祉サービス事業者

高齢者向けの食事サービスを提供する横浜市の委託事業者「ほほえみ」において、6月の利用者180人の個人情報が記録されたフロッピーディスクが所在不明になっている。

紛失したと見られているのは、食事サービス実績報告用のフロッピーディスク2枚。ディスクには、2007年6月に食事サービスを利用した180人分の氏名、住所、性別、生年月日、利用予定回数、利用者番号などが記録されていた。2枚のうち1枚はバックアップ用で同じデータが記録されている。

7月6日に横浜市がディスクを事業者へ郵送し、翌日に到着が、事業者内で引き継ぎに問題があり紛失した。同市では新しいディスクを送付して、紛失したディスクの回収を求めていたが、8月21日になっても見つかっていないことが判明。市の担当者が現地を確認し、捜索の続行や関係する利用者への謝罪を事業者へ指示した。

データは暗号化されており、専用のソフトとパスワードがなければ読み取ることはできないという。同市では、再発防止策としてディスクの専用保管場所を設置するとともに、受け取り記録を付けるよう指導した。

(Security NEXT - 2007/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
個人情報含む携帯電話の紛失を公表 - 沖縄ケーブルネット
デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催