Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス被害は分散傾向 - トップ10合計も被害全体の1割に達せず

トレンドマイクロは、7月に国内のサポートセンターへ寄せられたウイルス被害をまとめた。被害報告数は前月調査の4799件より減少し、4445件だった。

今回もっとも多く被害が報告されている「BKDR_AGENT」でも54件で全体の約1.2%に過ぎず、トップ10を合計しても約6.5%もとどまり、感染被害の分散が進んでいる。また今回の調査では、2位の「TSPY_GAIN」や5位の「ADWARE_BESTOFFER」など、圏外から登場したウイルスやあらたに発見されたウイルスをトップ10中、6種類を占めており、被害件数が突出しない分、順位の入れ替わりも激しい状態だ。

7月は国内においてウェブサイトが改ざん被害に遭い、ダウンロードするようし向けられていたトロイの木馬「TSPY_LINEAGE」が9位にランクインしている。トレンドマイクロでは、今回国内で発生したウェブの改ざん事件は、感染するウイルスが単独だったが、複数の不正なプログラムが次々と感染する「シーケンシャル攻撃」が海外で発生しており、今後国内でも同様の被害が発生するおそれがあるとして警告を発している。

また同社では新種ウイルスとして、「TROJ_BANLOAD.CGL」についても注意を喚起している。7月17日にブラジルで発生した飛行機事故の情報を装ったスパムメールを送信し、URLをクリックすると連鎖的に不正なプログラムをダウンロードさせるという。

同社が発表したウイルストップテンは以下のとおり。

1位:BKDR_AGENT
2位:TSPY_GAIN
3位:BKDR_HUPIGON
4位:TROJ_VB
5位:ADWARE_BESTOFFERS
6位:TROJ_DLOADER
6位:TROJ_VUNDO
8位:EXPL_ANICMOO
9位:TSPY_LINEAGE
10位:WORM_RBOT

(Security NEXT - 2007/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト