Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「手軽」理由に増加する医薬品のネット流通 - 偽造医薬品に注意

インターネットの普及などを受け、医薬品が医療機関以外を通じて流通するケースが増加していることがわかった。ファイザーが、インターネット利用者を対象に3月24日がら27日にかけて調査を実施、判明した。

過去5年間に医療機関以外からの医薬品を入手した経験があるとしたのは15.4%。医療機関を受診せずに医薬品を入手する理由としては、4分の3が「手軽さ」を挙げている。また国内でも承認されている医薬品や頭痛薬や感冒薬などの市販薬を入手するケースもあり、製品自体を信用できるとする回答も6割を超えた。

ED治療薬や抗うつ薬、生活習慣病、抗がん剤など偽造医薬品が出回っており、危険性が指摘されており、偽造医薬品の危険性を37.3%が認知している。しかし、その上で入手するケースも17.2%にのぼる。さらに「がん関係の薬剤」が38.1%、「うつ関係の薬剤」が27.1%が副作用を経験しているという。

ファイザーでは、インターネットを利用した個人輸入など海外の医薬品が入手しやすくなる一方、偽造医薬品も一部流通しており、健康被害や詐欺といった危険があることを認識することが重要と注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か