Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAへの相談件数が最高値を記録 - ワンクリック詐欺の相談増加で

情報処理推進機構は、7月におけるウイルスおよび不正アクセスの届出状況を発表した。ウイルスの検出数および届出件数は微増、相談件数は過去最高となった。

7月のウイルス検出数は約51万個で、前月比マイナス35.5%の大幅な減少を見せた6月の50万個から3.4%増加した。届出件数は3069件で、6月の2898件から5.9%の増加となった。

検出数の1位は依然として「Netsky」で約44万個、全体の85%を占める。2位は「Mytob」で1万3647個、3位は「Stration」で1万1948個と続く。また「Rahack」は先月の検出数は1個だったが、7月は9928個と大幅に増加している。

不正アクセスの届出件数は10件で、6月の41件から大幅に減少した。そのうち被害があったのは8件。他サイトを攻撃するための踏み台になっていたケースや、フィッシングに悪用するためのコンテンツを埋め込まれたケースなどがあった。

また同機構へ寄せられた相談件数は1162件で、集計を開始してから最も多かった。そのうち「ワンクリック不正請求」に関するものが316件でこれまでの最高値に並んだ。特に夏休みに入り、子どもが興味本位でアクセスしたアダルトサイトなどからの不正請求が増えているとして、同機構では注意を促している。

(Security NEXT - 2007/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器の無線通信「Z-Wave」のペアリング時に通信傍受のおそれ
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起