Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAへの相談件数が最高値を記録 - ワンクリック詐欺の相談増加で

情報処理推進機構は、7月におけるウイルスおよび不正アクセスの届出状況を発表した。ウイルスの検出数および届出件数は微増、相談件数は過去最高となった。

7月のウイルス検出数は約51万個で、前月比マイナス35.5%の大幅な減少を見せた6月の50万個から3.4%増加した。届出件数は3069件で、6月の2898件から5.9%の増加となった。

検出数の1位は依然として「Netsky」で約44万個、全体の85%を占める。2位は「Mytob」で1万3647個、3位は「Stration」で1万1948個と続く。また「Rahack」は先月の検出数は1個だったが、7月は9928個と大幅に増加している。

不正アクセスの届出件数は10件で、6月の41件から大幅に減少した。そのうち被害があったのは8件。他サイトを攻撃するための踏み台になっていたケースや、フィッシングに悪用するためのコンテンツを埋め込まれたケースなどがあった。

また同機構へ寄せられた相談件数は1162件で、集計を開始してから最も多かった。そのうち「ワンクリック不正請求」に関するものが316件でこれまでの最高値に並んだ。特に夏休みに入り、子どもが興味本位でアクセスしたアダルトサイトなどからの不正請求が増えているとして、同機構では注意を促している。

(Security NEXT - 2007/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も