Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

農林水産関係の研究者に関する個人情報などがWinnyで流出 - 農研機構

農業・食品産業技術総合研究機構は、個人情報を含む業務情報がファイル交換ソフト「Winny」を通じて流出したと発表した。

同機構花き研究所の職員が自宅に持ち帰った業務データが、パソコンのウイルス感染をきっかけにファイル交換ソフト経由でインターネット上に流出したもので、7月17日に外部より指摘を受けて判明した。同職員は、データを持ち帰ったのち、2006年の12月ごろにWinnyをインストールしていたという。

今回流出が確認されたデータは、農林水産省の農林水産技術会議が推進する「先端技術を活用した農林水産研究高度化事業」に参加する機関の研究者や学会参加者、同機構の研究者の情報で、氏名やメールアドレスなどのべ約500人分が含まれる。

同機構では、今回の事件を受けて関係者や関係組織に対して事情を説明、謝罪する。また職員に対して流出防止の周知徹底を実施するなど、再発防止を目指すという。

(Security NEXT - 2007/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御
紙袋に入れた受託イベント参加者の個人情報を紛失 - FVC
訪問サービス中に車上あらし、個人情報が盗難 - 長岡の高齢者介護施設
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」公開 - パブコメに192件の意見
富士通ら、NISTセキュリティ基準への対応を支援するコンサルサービス