Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

農林水産関係の研究者に関する個人情報などがWinnyで流出 - 農研機構

農業・食品産業技術総合研究機構は、個人情報を含む業務情報がファイル交換ソフト「Winny」を通じて流出したと発表した。

同機構花き研究所の職員が自宅に持ち帰った業務データが、パソコンのウイルス感染をきっかけにファイル交換ソフト経由でインターネット上に流出したもので、7月17日に外部より指摘を受けて判明した。同職員は、データを持ち帰ったのち、2006年の12月ごろにWinnyをインストールしていたという。

今回流出が確認されたデータは、農林水産省の農林水産技術会議が推進する「先端技術を活用した農林水産研究高度化事業」に参加する機関の研究者や学会参加者、同機構の研究者の情報で、氏名やメールアドレスなどのべ約500人分が含まれる。

同機構では、今回の事件を受けて関係者や関係組織に対して事情を説明、謝罪する。また職員に対して流出防止の周知徹底を実施するなど、再発防止を目指すという。

(Security NEXT - 2007/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress 4.9.2」がリリース - Flashフォールバック機能を削除
個人情報やハンドル名の取り扱いで謝罪 - 岩本町芸能社
「Intel AMT」のパスワードは大半が「admin」、端末乗っ取りのおそれ - 研究者が指摘
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
ランサムウェアに感染、サイト改ざん被害も - 新潟大医歯学総合病院
販売店が顧客情報含む領収証を紛失 - 東京ガス
動物取扱責任者の変更届出書などを紛失 - 大阪府
ネットエージェントとデジタルデータソリューションが業務提携 - ラックが資本参加
中小企業を対象としたセミナーが全国7カ所で開催
12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも