Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米沢信金、預金印鑑票や明細一覧など顧客情報を紛失

米沢信用金庫は、顧客情報1256件記載の明細一覧表、および顧客の預金印鑑票1247枚の紛失を明らかにした。内部で誤って廃棄した可能性が高いとしている。

所在不明となっているのは、営業担当者の取引をまとめた明細一覧表で、2006年5月から7月までの3カ月分のデータをはじめ、同年9月5日や2007年2月の2日分のデータなど、集金や証書の預かり記録が記載されていた。氏名、住所、顧客番号、取引金額など顧客202人分1256件のデータが含まれている。

また11支店において、1995年以前に作成した預金印鑑票計1247枚を紛失していることが自主点検でわかった。顧客の氏名、住所、電話番号、印影などが含まれている。長期間に渡って取引のない顧客のもので、通常の印鑑票とは別途管理していたが所在がわからなくなったという。

不正利用などの届け出はなく、同庫では内部調査の結果として、いずれも不要書類とともに同金庫内で廃棄処分した可能性が高いと見ている。

(Security NEXT - 2007/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も