Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米沢信金、預金印鑑票や明細一覧など顧客情報を紛失

米沢信用金庫は、顧客情報1256件記載の明細一覧表、および顧客の預金印鑑票1247枚の紛失を明らかにした。内部で誤って廃棄した可能性が高いとしている。

所在不明となっているのは、営業担当者の取引をまとめた明細一覧表で、2006年5月から7月までの3カ月分のデータをはじめ、同年9月5日や2007年2月の2日分のデータなど、集金や証書の預かり記録が記載されていた。氏名、住所、顧客番号、取引金額など顧客202人分1256件のデータが含まれている。

また11支店において、1995年以前に作成した預金印鑑票計1247枚を紛失していることが自主点検でわかった。顧客の氏名、住所、電話番号、印影などが含まれている。長期間に渡って取引のない顧客のもので、通常の印鑑票とは別途管理していたが所在がわからなくなったという。

不正利用などの届け出はなく、同庫では内部調査の結果として、いずれも不要書類とともに同金庫内で廃棄処分した可能性が高いと見ている。

(Security NEXT - 2007/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に
Accenture、重要インフラセキュリティのRevolutionary Securityを買収
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
緊急事態宣言解除後のセキュリティチェックリスト - JNSA
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
「Apache Tomcat」にRCE脆弱性 - 5月公開の最新版で修正済み