Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報が医師のパソコンからネット流出 - 個人情報やWinny削除済みと勘違い

国民健康保険おいらせ病院や横須賀市立うわまち病院の患者情報がWinnyネットワーク上へ流出したことがわかった。

今回の事件は、現在伊東市民病院に勤めている医師の自宅パソコンに保存されていたデータが、ファイル交換ソフト「Winny」を通じて流出したもの。流出した情報は、医師が以前勤務したそれぞれの病院で取り扱った情報で、氏名や生年月日、症状などで、あわせて1300件以上に上ると見られる。

同医師は、Winnyを利用していたが、漏洩事件の多発などを知り、個人情報やWinnyの削除を実施していた。しかし実際には削除されておらず、漏洩の原因になったという。

(Security NEXT - 2007/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も