Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、法改正視野に迷惑メール対策で研究会 - スパム巧妙化受け

総務省は、スパムメールの悪質化へ対応するため、「迷惑メールへの対応の在り方に関する研究会」を開催し、今年の秋を目安に取りまとめる。

不特定多数に送信するメールについては、従来より「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」で対応してきたが、巧妙な手口で送信されるケースが増加していることを受け、法制度の改正を含めた対策を検討する。

研究会は、ISPや携帯キャリア、業界団体関係者、弁護士、研究者など有識者が参加し、法施行後の迷惑メールの状況を踏まえた上で検討を進める。

(Security NEXT - 2007/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避