Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロのウイルスハンタープロジェクト、1年間で2431種の新規ウイルスに対応

トレンドマイクロは、一般ユーザーからウイルス検体を募集する「ウイルスハンタープロジェクト」において、1年間で2431種の新規ウイルスに対応した。

同プロジェクトは、一般ユーザーからウイルスの疑いがある不審なファイルの提出を受け付けるもの。第2回目となる今回は2006年6月1日から2007年5月31日まで実施され、9人の検体提供者により2431種の新規ウイルスについて報告を受け、対応した。

おもな内容は、ウェブ経由でダウンロードされるトロイの木馬、バックドア、ワーム、スパイウェア、ファイル感染型ウイルス、Winny関連、ワンクリックウェアなど。

同社によれば、ウェブ経由で感染し、不正サイトへ誘導してプログラムをダウンロードさせるケースが増えていることから、不正プログラムを配布するサイトのURLに関する報告も多かったという。同社では、URLフィルタなど不正サイトへのアクセスをブロックする対策へ情報を活用している。

(Security NEXT - 2007/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に