Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロのウイルスハンタープロジェクト、1年間で2431種の新規ウイルスに対応

トレンドマイクロは、一般ユーザーからウイルス検体を募集する「ウイルスハンタープロジェクト」において、1年間で2431種の新規ウイルスに対応した。

同プロジェクトは、一般ユーザーからウイルスの疑いがある不審なファイルの提出を受け付けるもの。第2回目となる今回は2006年6月1日から2007年5月31日まで実施され、9人の検体提供者により2431種の新規ウイルスについて報告を受け、対応した。

おもな内容は、ウェブ経由でダウンロードされるトロイの木馬、バックドア、ワーム、スパイウェア、ファイル感染型ウイルス、Winny関連、ワンクリックウェアなど。

同社によれば、ウェブ経由で感染し、不正サイトへ誘導してプログラムをダウンロードさせるケースが増えていることから、不正プログラムを配布するサイトのURLに関する報告も多かったという。同社では、URLフィルタなど不正サイトへのアクセスをブロックする対策へ情報を活用している。

(Security NEXT - 2007/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生